【第3日(日)】マリリオン ウィークエンド 2017観戦記 17.4.30

マリリオン ウィークエンド3日目,最終日.

この日も朝寝坊(帰りが遅いので仕方がない)にTVニュース.

レスターシティFCのアウェイで勝利のゴールを何度も見る.

岡崎アシスト,ヴァーディ,ゴール,以下逃げ切り.

昼は前日の続きでレスターの街散策.

早めにホテルに帰り,前回のウィークエンドで買ったTシャツに着替え,参戦.

30 April 2017

De Montfort Hall, Leicester, UK

A Legacy

Deserve

Go!

Rich

Enlightened

Built-in Bastard Radar

Tumble Down the Years

Interior Lulu

House

Splintering Heart

King

Berlin

This Strange Engine

Real Tears for Sale

The Leavers: v. One Tonight

前半,アルバム「Marillion.com」全曲演奏.

女性の室内楽団がストリングスを奏でる.

1曲目は18世紀風のドレスにかつらで演奏.

Go!では,客が一斉に指につけた色ケースに入った豆電球を点灯.それでウェーブをやり出した.

いやー,綺麗.

しかし,何なのだとぽけーっとしてたら,ほぼ,同年代かのお姉さま達2人が1個ずつ下さった.

スイッチで点灯するもので,ゴムで指に固定する形.

あと,ゲストも参戦で,やはりお祭り.

あまり,写真は撮らない方なのだが,全然自由に撮れたのもあり,ちょいと.

ゲスト参戦時で,ギターはゲスト.ロザリーさんは撮りそこねる.

後半は名曲選.

そのスタートがSplintering Heart,この前奏が始まった時,客席はざわつき,そして歓声.

私の一番なお気に入り曲の一つなのだが,やはり人気があるのだと思った.

ラストのThe Leavers: v. One Tonight,唯一新譜の「FEAR」から.

いや,最期にふさわしい曲かな.

「Come Together・・・」だもんね.

自慢にもならないが,私の英語の聞き取りはヤバい.

地元民向けのMCなんざ,何言っているやらわからない.

それでも,チリと日本が何たらとか言っていた様な.

いずれにせよ,秋にはチッタに来る訳で.

今回,3日間,新譜もあった事もあり,今,まさに現役の勢いあり,凄く,よかった.

わざわざ英国まで行った価値があった.

思いもよらず来日も決まり,そちらも楽しみだったりする.

「FEAR」メインの公演かな,それとも2日間別演目かな.

「FEAR」の演奏のバックの映像に漢字を毛筆で書くシーンがあった.「愛」とあとなんだったけ.

字体が中国風と言うよりは日本風に見えたのだが.

日本の字体はそれこそ王羲之じゃないが,唐以前の古い時代の型を残している様思う.

もう一度,見てみたいものだが.

以上,

マリリオン ウィークエンド 2017,終了.