長女が喜んだ何気ない言葉

実践っ!岡夫婦の食物アレルギー体験レポート

writtenbyパパ

Facebookページ食物アレルギー体験レポーター岡夫婦

給食やお弁当でエビフライや

クリームコロッケを作りたいパパママへ

アレっ子の給食、お弁当に関するアンケートご協力について

先日、長女がニコニコしながら岡ママにこんなことを言ったようです。

おまつりでね、おともだちのこのおかあさんに

おはだきれいねっていわれたの()

長女が言っているお祭りとは、

岡パパが娘二人を連れていった夏詣のことです。

浅草夏詣みんなの屋台に行ってきた体験レポートはこちらから

長女が言うおともだちとは、普段遊んだりしている

知人友人以外にも、同じ年齢くらいのお子さまも含めます。

岡パパと娘たちが、

特定原材料7品目不使用のたこ焼きを

買う列に並んでいたときのことです。

岡パパと娘たちの後に、次女と同じ年齢くらいのお子様を連れた

ママさんがいらっしゃいました。

そのママさんに

お子さん、アレルギーなんですか?

と聴かれました。

岡パパ

はい。小麦や卵に食物アレルギーがありまして

ママさん

そうですかぁ。うちもなんです。

こういったお店があると本当に嬉しいですよね!

岡パパ

そうなんですよ。こういった屋台は本当にありがたいですね!

ママさん

娘ちゃん、お肌きれいですね。アレルギーがあるなんて見えないです

岡パパ

えっ?そうですか?あら、ありがとうございます。

長女ちゃん、よかったねぇ

っていう世間話をさせてもらいました。

岡パパは、そこまで深く考えていなかったのですが、

長女はその時のことをしっかりと覚えていて、

岡ママにお話したのでした。

長女も今年で6歳。

最近では、食物アレルギーを持っていることで、

周りのお友達と食べるものが違うことなど

やっぱり意識し始めています。

食物アレルギー以外にも、アトピーやぜん息などもあるため、

日のケアは欠かすことができません。

そんな生活を送っているからか、

お祭りの時に、たまたま出会ったママさんからいただいた

お肌きれいねという言葉は、

長女には、とってもとっても嬉しかったようです。

長女はあたしね、がんばっておはだきれいにする!

っと、岡ママに張り切って言っていました。

まだまだ幼いと思っていましたが、

やっぱり女の子なんだなぁとしみじみ思いました。

これから成長していく中で、

アレルギーのことなど、

周りのお友達と違う点などで悩むこともあるかと思います。

また、女の子特有の悩みみたいのも出てくるのでしょう。

私たち夫婦も、娘たちと一緒に成長させてもらっているので、

悩んだ時にスパッと解決!という風には

いかないこともあるかと思います。

でも、時には今回のように、

ちょっとしたお言葉をいただくことで、

気持ちを前向きにすることができることを知ることができ、

大変良い経験をさせてもらいました。

夏詣のときに、

たまたまお話をさせていただいたママさん。

こちらから自己紹介も何もできませんでしたので、

直接お礼を伝えることもできませんが、

もしかしたら私たちのブログを見てくださる機会が

あるかもしれないと思い、改めてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました