MovieTest

初めての動画撮影と、ブログリンクのテストを行いました。

加えて、しばらく体調不良でトレーニングできていなかったので、臥せっていた間に崩れたフォームのチェックも兼ねています。

実走だと誤魔化せるフォームの崩れは、ナイーな3本ローラー台は全く許容してくれません。

フォームが特に縦に崩れていると一発で自覚があります。跳ねてしまうから。

この跳ねてしまうっていう現象は、下死点で無駄なパワー伝達が下方向に働いているってことですね。

そうすると、お尻が上下に動いてしまうので、バイクも上下に跳ねる感じになってしまいます。

体幹と腹圧、

(ロード乗りのペダリング中、お腹が膨らんで見えるのは脂肪ではありません。腹圧と言って筋肉の膨張です。体幹の中心で圧を維持するような意識で、お腹で回す意識喚起をしているからです。漫画弱虫ペダルでスプリンターの青八木がスプリント中体をパンパンに膨張させているのは、このロード乗り特有の筋肉の使い方を漫画的に誇張した描写です)

そして、ペダリングのパワー伝達方向と、全てのバランスが合致しないと綺麗なペダリングにならないので、ペダリング修行の道は険しいです。

ちなみに、この時見ていたDVDはこちらでした。

RADWIMPS春巻ツアー2007DVD。

ちょうど、有心論のチャプターでした。すごく良いリズムで回せる曲ですね。

有心論RADWIMPSMV

そして、やはりウェイトと体脂肪が増加してしまっていました。体脂肪率が10を超えてしまっていましたね。

秋にはレース参戦がありますし、久しぶりにダイエットというか、体脂肪削減企画連載(以前何度も書きましたが、体重減ではなく体脂肪減が目標です)でもやろうかなと考え中です。

やはりロードレースで少しでも上位を狙って本気で参加するなら、体脂肪率10ではちょっとまずい所です。

広告を非表示にする